ぱぱのかやくごはん 映画版

    ネタバレ注意 with TV ドラマ

    スポンサーサイト

    [スポンサー広告]

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション

    [アクション] CM(1) TB(1)

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    X-MEN:ファースト・ジェネレーション 
    評価 ★★★★★ 

    原題 X-MEN:FIRST CLASS
    公開 2011年6月11日
    ジャンル アクション   
    出演 ジェームズ・マカヴォイ /マイケル・ファスベンダー
    監督 マシュー・ヴォーン
    製作年 2011年
    製作国 アメリカ
    上映時間 131分
     

    《あらすじ》 goo映画より

    1960年代。裕福な家庭に生まれ、名門大学に通うチャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、強力なテレパシーを使うことができるミュータントだった。チャールズは、自分と同じような特殊な能力を持つ者の存在に気付き始める。そんなときに出会ったエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)は、強力な磁力を発生させ、あらゆる金属を自在に操る能力を持っていた。エリックはナチスに母親を殺され、復讐を誓いひとりで生きてきたという過去があった。ミュータントの能力を使い、人類と闘うべきか共存するべきか異なる信念を抱いていた2人だったが、友情を深める。やがて2人は世界各地のミュータントを仲間として迎え入れていく。しかし、戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者セバスチャン・ショウ(ケヴィン・ベーコン)が、ミュータント集団“ヘルファイヤークラブ”を結成し、恐るべき計画を実行に移す。チャールズとエリックはその野望を阻止しようとするが、彼らの友情の絆は引き裂かれ、チャールズはX-MENを設立するプロフェッサーXに、エリックはミュータント・テロリスト軍団“ブラザーフッド”の首領マグニートという、反する道へ進んでいく。

     すごく 面白かったです。 
     オリジナルの『1』、『2』、『3』、を観て無くても楽しめますが、観てない方は予習をして観てください。背景を知っていると楽しさ倍増です。 今回は、その前の『ウルヴァリン X-MEN ZERO』のさらに前の話になります。 

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    昔は仲が良かった。

      本作はこれまで語られることのなかったプロフェッサーXと宿敵マグニートーの若き日と、X-MEN誕生秘話が沢山語られます。 なぜ、プロフェッサーXが車椅子になったのか、プロフェッサーXとマグニートの昔の関係はどうだったのか。 
     チャールズはミュータントと人類の共存を目指して、X-MENを設立。
     エリックはミュータント達だけで世界を作ろうとして、新人類が旧人類をほろぼし、新しい世界を作る為に仲間を集めていきます。
     
    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    「おとといきやがれ!」

     二人は、セバスチャン・ショウに対抗する為に世界中のミュータントを仲間していきます。そこでカメオのローガン(ウルヴァリン)が登場します。 この場面は 「お~っ、ウルヴァリン」と叫んででしまいました。二人は断られるとあっさり帰っていきます。次回作に期待というとこでしょうか。
     この時、ビースト、ハボック、ダーウィン、エンジェル、バンジーの5人が仲間になります。


     X-MEN:ファースト・ジェネレーション X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    ミスティーク

     オリジナルでは、マグニート側の主要なメンバーとして活躍するミスティーク。彼女は初めチャールズの義妹として登場し、チャールズが好きになります。次にハンクに恋をして、最後はエリックに。そして、エリックについていってしまいます。恋多き女、ミスティーク。その名の通り神秘的な女です。  

      
    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    「将来は禿げるかもな。」

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
     

     チャールズは、10代で能力に目覚めるが、力を上手くコントロールできずそのストレスから若くして頭が禿げ上がります。彼は地上最強のテレパスで、他人の心を読み、記憶を操作することが出来ます。 

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    母親の仇

     キューバ危機を舞台に、チャールズ、エリック達と、セバスチャン・ショウが激突。母を殺されたエリックの怨念がショウを追い詰めます。しかし、ちょっと残念なのがあまりにもあっさりとショウが死んでしまった事です。あれだけ強いやつが動きを止められ額にコインをぶち込まれます。動きを止められる前にもう少しショウの活躍が観たかったです。すごくもったいないと思いました。 

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    ミサイルをすべて止めてしまいます。

     この後の、エリックの活躍はすごかったですね。あれだけの数のミサイルを全て受け止め跳ね返してしまいます。ショウを倒して一皮剥けたエリックは、いつの間にかリーダー的存在に。そして名前をマグニートへ。
     この時、エリックに一緒についていったのが、エマ・フロスト、アザゼル、リップタイド、そして、ミスティークです。

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション
    マグニート
    このとき、エリックがよけた弾がチャールズの腰に当たり、下半身麻痺になってしまい、車椅子生活になってしまいます。

    X-MEN:ファースト・ジェネレーション

     とても面白く、今回DVDレンタルして3回も見直しました。
     超お勧め映画です。ぜひ観てください。

    本名ニックネーム
    チャールズ・エグゼビアプロフェッサーXテレパス。精神遠隔感応(人の心を読み、コントロール)
    エリック・レーンシャーマグニート磁力念動(あらゆる金属を意のままに操る)
    レイブン・ダークホルムミスティークどんな人物にも変身可能。
    ハンク・マッコイビースト動物的物理機能
    アレックス・サマーズハボックサイクロップス(スコット・サマーズ)の弟。
    アルマンド・ムニョスダーウィン生存適応能力。
    エンジェル・サルバドールエンジェルトンボみたいな羽根が生えてて口から弾を吐く。
    ショーン・キャンディバンジー「X-MEN2」の大声を出す少女、サイリーンの父。
    セバスチャン・ショウヘル・ファイア・クラブのボス。
    ホワイト・クイーンエマ・フロストテレパス。
    アザゼル「X-MEN2」に出てきた青悪魔系瞬間移動ミュータント、ナイトクローラーの父。そして母親はミスティーク。
    クエステッドリッブタイド竜巻を発生させるショウの用心棒。

       
        
    スポンサーサイト
    関連記事

     

    アジャストメント

    [SF/ファンタジー] CM(0) TB(1)

    アジャストメント
    アジャストメント 
    評価 ★★★ 

    原題 THE ADJUSTMENT BUREAU
    公開 2011年5月27日
    ジャンル SF/ファンタジー   
    出演 マッド・デイモン/エミリー・ブラント
    監督 ジョージ・ノルフィ
    製作年 2011年
    製作国 アメリカ
    上映時間 106分

    《あらすじ》 goo映画より

    選挙で敗れた上院議員候補デヴィッド・ノリス(マット・デイモン)。敗戦会見の準備をしていた彼は、見知らぬ女性エリース(エミリー・ブラント)と出会い、たちまち意気投合する。さらに、会見を無事に切り抜けたデヴィッドは全米一のベンチャー企業に役員として迎えられ、次回上院選の有力候補として再浮上する。だが、そんな彼の行動を逐一モニターする謎の集団があった。社会の裏で超人的な能力を駆使して、人間の運命を操作する運命調整局のエージェントたちだった。その1人、ハリー(アンソニー・マッキー)は、出勤するデヴィッドがバスを乗り過ごすように操作を試みるが、手違いから失敗。バスに乗り込んだデヴィッドは車内でエリースと再会し、彼女の携帯番号が書かれたメモを手に入れる。出社したデヴィッドは、調整局から派遣された干渉班が社員の意識改変を実施する現場に遭遇し、捕えられてしまう。エリースとは2度と会わないようデヴィッドに忠告したエージェントたちは、携帯番号のメモを燃やす。さらに、調整局の背後にはすべての運命を司る“チェアマン”の存在が……。それから3年。デヴィッドはエリースと偶然再会。それを知って2人を引き離そうと様々な策を講じる調整局。繰り返し再会する彼らに疑問を持ったリチャードソン(ジョン・スラッテリー)は、2人を調査。過去に2度も結ばれる運命にあった2人が、その運命に引きずられて互いに呼び合っていたことが明らかになる。一方、デヴィッドの元には調整局が派遣した“ハンマー”の異名を持つトンプソン(テレンス・スタンプ)が現れ、彼が政治家になった理由は真のリーダーとして人類を統率させるためだったと説明。さらに、これ以上エリースと接触すると、彼女のダンサーとしての夢も消えると告げる。選択を迫られたデヴィッド。果たして彼はどのような決断を下すのか……?



     マット・デイモン主演のSF/恋愛/サスペンス映画。マット・デイモンは「ボーンシリーズ」を観て、大ファンになりました。アクションシーンを期待して観ましたが、 あまり派手なシーンはなかったです。

    アジャストメント
    ここからドラマは始まった。デヴィッドは一目ぼれ。

     会ってはいけない二人が会ってしまったらしい。ここで、決められた運命を逸脱しないよう世の中を監視している「アジャストメント・ビューロー(運命調整局)」に拉致されてしまう。 

     彼らは、二人を出会わないようにする為に、バスに乗る時にコーヒーをこぼして調整をしようとするが失敗。 なんて事をしなくても、もっと別のやり方があったんじゃないかな。途中、時間を止めたりしていたし。

     アジャストメント
    必死に逃げるがついに捕まってしまう。

     調整に失敗した運命調整局達は、彼女に二度と会わないと約束をさるが、デヴィッド達は再会してしまう。
    ここで彼らは、デヴィッドに運命調整局の秘密をべらべらと喋ってしまう。

     しかし、いいんだろうか。こんなに重大な事を、簡単にデヴィッドに話してしまう。「いいのか、いのか、ほら見ろ、いわんこっちゃない。」色々面倒なことになってきたじゃないか。

    アジャストメント
    エリースとはもう二度と会うな。会えば・・・ 
     

    アジャストメント
    彼女との再会、やはり運命か?

     運命調整局は時間を止めたり、物を動かしたりする、特殊能力を持っているのに、あんまり強くありません。デヴィッドに何度も逃げられてしまいます。
     また、彼らが街中のドアを利用した秘密の「どこでもドア」で、素早く移動するアイデア楽しめました。帽子が鍵で水に弱かったりもしますが。 


    アジャストメント
    あッ!!言ってしまった。
     
     秘密を喋ったデヴィッドは、運命調整局達が本気でつぶしにかかります。

    アジャストメント
    逃げろ~

    アジャストメント


     ここでも、運命調整局達は全く捕まえる事が出来ません。今こそ、特殊能力で。
     だが、屋上で行き止まり。あえなく捕まってしまうが、
    ”運命は決められているものではなく、自分が切り開くもの”であるという議長の鶴の一声によりハッピーエンド。

     デヴィッドが大統領にならなかったり、彼女といっしょになると、この先どういう世界になってしまうのか、その後の展開がかなり気になるところですね。 そこまで映画を作って欲しかったです。

    運命に逆らって結果を残して、はじめて”運命は決められているものではなく、自分が切り開くもの”という言葉がが生きてきたんじゃないでしょうか。  

     
     
        
    関連記事

     

    ツーリスト

    [スリラー/サスペンス] CM(2) TB(0)

    ツーリスト 
    ツーリスト 
    評価 ★★★ 

    原題 THE TOURIST
    公開 2011年3月5日
    ジャンル スリラー/サスペンス   
    出演 アンジェリーナ・ジョリー/ジョニー・デップ
    監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
    製作年 2010年
    製作国 アメリカ/フランス
    上映時間 103分
     

    《あらすじ》 allcinemaより

     アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現したロマンティック・ミステリー。05年のフランス映画「アントニー・ジマー」をリメイク。イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込まれていくさまをミステリアスかつユーモラスに描き出す。監督は「善き人のためのソナタ」のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。
     傷心を癒そうと、ひとり旅でアメリカからヨーロッパへとやって来たフランク。ヴェネチアへ向かう列車の中、突然彼の前に見知らぬ美女エリーズが現われる。その妖艶な魅力に一瞬で引き込まれたフランク。しかし、そんな彼女の行動は逐一警察に監視されていた。警察は、ある重要人物がエリーズと接触する機会を待っていたのだ。ところがエリーズは、ニセの男と接触することで捜査の攪乱を狙っていた。そんなこととはつゆ知らず、そのまま正体不明の美女と行動を共にしてしまうフランクだったが…。

     ハリウッドのスーパースター、アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの夢の初共演。 この二人が共演するとなれば、いやが上にも期待値が高まりますね。
     ツーリスト
    ピアスから連絡をもらい移動するエリーズ。

     ピアスから自分に似た男を捜し、警察の目を誤魔化せ、と指示されていたエリーズは、列車内にいたちょっと冴えない、フランク・トゥーペロに目を付けます。
     いや、良く彼を選んだなと思います。顔・髪型・声、すべて変わっていて、唯一同じなのは背丈ぐらいじゃないだろうか。しかし、イスに座っていたし・・・。 
     もし、選ばなかったらどうなったんだろう?
     多分、二人は結ばれる運命だったんでしょう。

    ツーリスト
    ぎこちない会話が続き、明らかに彼女の上から目線。
     
    ツーリスト
    最後の方のフランクはキリリといい顔をしていました。

     この二人が主演の映画で、14カ国で指名手配されている“アレクサンダー・ピアス”が全く出てこない。つまり、フランクとピアスが同一人物じゃないかと、容易に想像出来たのがちょっと残念でしたね。
     この二人が出ている割には、なんだかゆっくりとした展開が続いて、もっと派手なアクションなどぶち込んでくれば良かったんじゃないかな。
     結局、アンジェリーナ・ジョリーーとジョニー・デップの相性が悪く、この二人の共演が何の化学反応も起こしてなく思えました。だれもが、二人が共演して何かが起こる事を期待してたんじゃないでしょうか。この点が、非常に残念でしたね。
     全体的に作りがとても冗長に思えました。
     次回の二人の共演でリベンジリトライして欲しいですね。 


    ツーリスト  ツーリスト ツーリスト
    ツーリスト ツーリスト
    ツーリスト  
    関連記事

     

    カイジ~人生逆転ゲーム~

    [ドラマ] CM(0) TB(0)

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    カイジ~人生逆転ゲーム~ 
    評価 ★★★ 

    公開 2009年10月10日
    ジャンル ドラマ   
    出演 藤原竜也/天海祐希/香川照之
    監督 佐藤東弥
    製作年 2009年
    製作国 日本
    上映時間 130分

     

    《あらすじ》 goo映画より

    自堕落な日々を送るフリーター、伊藤カイジ(藤原竜也)のもとに、金融会社の女社長・遠藤(天海祐希)が借金の取立てにやって来る。借主本人が夜逃げをして、保証人になっているカイジが法外に膨れ上がった借金を背負っているというのだ。だが、カイジには返済能力はない。そこで遠藤は、一夜にして借金を返済できるどころか、大金を手に入れるチャンスがあるという船に乗ることをカイジに勧める。“エスポワール(希望)”と名付けられたその船の中では、人の心理を巧みに利用したジャンケンのようなカードゲームが行なわれようとしていた。ひとつ乗り越えても、次々とカイジの前に立ち塞がるゲームの数々。カイジは自身の人生を逆転するため、命を懸けた戦いに挑むことになる……。


    オープニング

    友人の借金の保証人になったことで多額の負債を抱えてしまう。
    カイジ~人生逆転ゲーム~
    遠藤が女に。ちょっと違和感。

    「一夜にして大金を稼ぐチャンスがある。」
    カイジ~人生逆転ゲーム~
    エスポワール(希望)号に乗船。

    限定ジャンケン

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    利根川役ピッタリ!

    カイジ~人生逆転ゲーム~ 
    このカードをすべて使い切り、星を3個以上持っていればOK。 
     
    ざわ・・・
    カイジ~人生逆転ゲーム~
    罠にはめられるカイジ。

    地下

    カイジ~人生逆転ゲーム~ 
    唯一の楽しみがビール。
     
    カイジ~人生逆転ゲーム~


    鉄骨渡り


    カイジ~人生逆転ゲーム~
    このゲームだけはしたくないですね。

     カイジ~人生逆転ゲーム~
    こんなにぞろぞろいったら当然...

    しかし、あっさり2人も渡ってしまう。
    カイジ~人生逆転ゲーム~ 
    雨が降ってなかったらもっと簡単じゃなかっただろうか。

    Eカード

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    利根川のイカサマに...
    ざわ・・・

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    遠藤の力を借りて反撃!!
    ざわざわ・・・

    カイジ~人生逆転ゲーム~ 
    みごと逆転!
    これぞ、カイジ。

    エンディング

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    またまた、はめられるカイジ。

    カイジ~人生逆転ゲーム~
    最後はお約束。



     カイジファンとしては、やや物足りない感じがしました。限定ジャンケン鉄骨渡りEカード、それぞれのエピソードで、原作では2時間ドラマが出来るぐらい充実した内容だったのに、130分に3話も詰め込んでしまって・・・。せめて2話、又は、限定ジャンケンだけでも良かったんじゃないでしょうか。 
     話がどんどん進んでいき、1話の内容がかなり淡白に感じました。
     カイジの良さは、簡単なゲームで、プレイヤー同士の駆け引き、共闘、裏切り。これでOKと思ったら、裏のそのまた裏の読みあい。カード1枚出すにも、その心の叫びをうまく表現して、ドキドキ感を醸し出す。それらすべて、ギャンブルである事。
     原作をかなり端折っているので、限定ジャンケンだけに特化して、原作プラスαで作って欲しかったですね。 

     しかし、カイジはくずですね。この映画だけじゃカイジのくずさ加減は、あまり感じないかもしれませんが、原作漫画をぜひ読んでみて下さい。めちゃくちゃ面白いですよ。
     
     今、「カイジ2~人生奪還ゲーム~」が上映中です。原作にはないオリジナルもある様で楽しみです。地下に落ちた利根川とカイジが共闘。いったい、どんな展開が待っているだろう。

    カイジ~人生逆転ゲーム~  カイジ~人生逆転ゲーム~ カイジ~人生逆転ゲーム~
    カイジ~人生逆転ゲーム~ カイジ~人生逆転ゲーム~ カイジ~人生逆転ゲーム~  
    関連記事

     

    ザ・ハリケーン

    [ドラマ] CM(0) TB(0)

    ザ・ハリケーン
    ザ・ハリケーン
    評価 ★★★★

    原題 THE HURRICANE
    ジャンル ドラマ
    公開 ド2000年6月24日
    出演 デンゼル・ワシントン
    監督 ノーマン・ジュイソン
    製作年 1999年
    製作国 アメリカ
    上映時間 145分
     

    《あらすじ》 goo映画より

    1966年6月17日、ニュージャージー州パターソン。ボクシングのウェルター級チャンピオン、ハリケーンことルービン・カーター(デンゼル・ワシントン)は強盗殺人事件の犯人として検挙され、翌年終身刑を宣告された。すべては彼を幼年時代から知る仇敵の刑事デラ・ペスカ(ダン・ヘダヤ)のでっちあげ捜査によるものだった。収監後も囚人服の着用を拒み、無罪を主張するため自伝を執筆。74年、こうして出版された自伝『The 16th Round』は反響を呼んで、ボブ・ディラン、モハメド・アリら著名人が釈放活動に乗り出したが、2年後の再審でも有罪判決が下り、彼の存在は次第に世間から忘れられた。だが、隣国カナダのトロントに住むレズラ・マーティン(ヴィセラス・レオン・シャノン)という黒人少年が古本市で見つけた例の自伝に感動し、手紙を送ったことがきっかけで再び希望が。レズラの保護者であるリサ(デボラ・カーラ・アンガー)、テリー、サムら3人もレズラに賛同し、釈放運動のために立ち上がる。85年11月7日、連邦最高裁判所での最後の戦いに挑むルービンと4人。この結果、サロキン判事(ロッド・スタイガー)は再審の有罪判決を覆し、即時釈放を認める判決を下し、ルービンらは歓喜の渦に包まれるのだった。


     これは、実話を基に作られた映画であり、黒人の“ハリケーン”ことルービン・カーターが冤罪により、なんと20年もの間、刑務所に閉じ込められてしまうお話であります。
     観ていてとっても切なくなり、冤罪の恐ろしさ、人種差別の愚かさ、色々と考えさせられるドラマでした。
     
    ザ・ハリケーン

     デンゼル・ワシントンの素晴らしい演技。役にぴったりはまっていました。見事に鍛えられた体。最近観た、ザ・ウォーカーもジャンルは違いますが、彼の素晴らしさを十分堪能できた作品だと思います。
      
      ザ・ハリケーン

     彼は、多くの人に助けられます。
     ボクサー仲間、モハメド・アリやジョー・フレイザー、俳優エレン・バースタイン、歌手ボブ・ディラン。ボランティアで加勢する弁護士たち。そして、今回一番活躍した、カナダのレズラ・マーティンと3人の仲間。沢山の仲間たちによって無実を勝ち取りました。
     
    ザ・ハリケーン 
    ザ・ハリケーン 

     最後、サロキン判事は無罪を告げ、涙が出るくらいとっても感動しました。
     ラスト、本人の映像が登場し、彼は、現役選手以外では初となる世界ミドル級王者のチャンペンベルトを手にしたのであった。

    ザ・ハリケーン 
    ザ・ハリケーン


    正義は神が創った最も強固な柱

    ザ・ハリケーン

    ♪ボブ・ディラン/ハリケーン♪
    -彼が全てを歌っていました。-


    これはハリケーンと呼ばれた男の物語
    彼は やってもいない事のために
    国家権力に罪を着せられ 刑務所にぶち込まれた
    いちどは世界を手にした男なのに

    裁判は豚のサーカス 彼にはチャンスなんてなかった
    判事はスラムの酔っぱらいを目撃者に仕立てあげる
    傍聴していた白人にとって 彼は革命分子の浮浪者で
    黒人たちにとっちゃ ただの狂ったニガーだ

    彼が引金を弾いたことを誰1人疑わない
    犯行に使った銃は発見されなかったのに
    地方検事は彼こそが犯人だと決めつけ
    白人ばかりの陪審員もその意見に賛成した

    ルービン・カーターは不正な裁きを受けた
    罪状は第一級殺人 誰が証言したと思う?
    ベロとブラッドリーが2人して大嘘こいたのさ
    新聞も一斉に彼のことを殺人犯と決めつけた

    いったいどうして1人の人間の命が
    こんな馬鹿どもの手に委ねられてしまうのか?
    誰が見たって彼の冤罪は明らかだ
    おれはこんな国に住んでる自分が恥ずかしい

    この国では正義はゲームにすぎない
    いまもスーツとネクタイ姿の犯罪者どもは
    自由にマティーニを飲んで 陽が昇るのを見る
    そしてルービンは3mの監獄にブッダのように座ってる
    無実の男を生き地獄に送ったんだ

    これがハリケーンと呼ばれた男の物語
    やつらが彼の汚名を晴らして
    彼が失ったときを償うまで この物語は終わらない
    彼は刑務所にぶち込まれた
    いちどは世界を手にした男なのに
    ザ・ハリケーン ザ・ハリケーン ザ・ハリケーン 
    関連記事

     

    ブラインド・ホライズン

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON)
    ブラインド・ホライズン
    評価 ★★★  

    原題 BLIND HORIZON
    ジャンル スリラー/サスペンス
    公開 2004年10月23日  
    出演 ヴァル・キルマー/ネーヴ・キャンベル/サム・シェパード
    監督 マイケル・ハウスマン
    製作年 2003年
    製作国 アメリカ
    上映時間 99分

    《あらすじ》 goo映画より

    メキシコ国境近くニューメキシコ州の砂漠で、ひとりの男(ヴァル・キルマー)が頭を撃たれて倒れていた。病院に運ばれ、意識を取り戻した男は、自分の名前さえ思い出せない記憶障害に陥っていた。ときおりフラッシュバックする記憶の断片…。大統領が選挙遊説でテキサスを訪れたニュースを見たとき、記憶の断片がひとつの可能性を告げる。「この町で大統領が暗殺される!」その陰謀を知ったために自分は殺されかけたのではないか…? 保安官のジャック(サム・シェパード)と助手のキャッシュは、それを当然ながら妄想だと考える。第一、大統領がこの小さな町ブラックポイントに来る予定など全くなかった。男の婚約者だというクローイ(ネーヴ・キャンベル)が現れる。彼女によれば、男の名はフランク・キャバノー、シカゴ国税庁の職員。ふたりはメキシコへ行く途中だったという。ジャックは、クローイがなぜもっと早くフランクを捜さなかったのか疑念を持つ。決行3日前―退院したフランクは、TVの音が漏れる隣の213号室に奇妙な感覚を覚えた。彼の所持品は、“ランバス”という文字とポケベルらしきナンバーが書かれたカードのみ。そして、ふいに浮かび上がった新たな記憶。それは、大統領をライフルで狙うポイントの位置関係。彼は、大統領暗殺計画の存在を、新聞記者レイノルズに話すが、やはり彼も取り合わない。そんなとき、フランクは見知らぬ男から「キャッシュが届く」と書かれたメモを渡される。決行48時間前―フランクの部屋にスターリング(レオ・フィッツパトリック)と名乗る男から電話がかかってくる。呼び出されるまま、映画館におもむき、新しいカードを受け取るフランクだが、スターリングのことを知らないと言った途端、激しく殴られ、気を失う。フランクが落としたカードを、彼のものとは知らずに手にした看護師リズ(エイミー・スマート)は、そこに書かれた情報から5百万ドルのスイス銀行の口座を見つけ出す。夜、リズはフランクに会い、「明日、一緒に町を出て人生をやり直さない?」と誘う。意識不明だった彼を献身的に介護してくれていたリズの言葉に、フランクは心が動くのを感じる。その頃、ハイウェイでは謎のタンクローリー炎上事故が発生、選挙遊説中の大統領一行がそこを迂回せざるを得なくなり、急遽、明日の正午、ブラックポイントの町に大統領が立ち寄ることになった。フランクの警告が現実味を帯びてきたことに驚く保安官ジャック。またジャックは、1枚の写真からクローイがある嘘をついていたことに気づく。一体、何が真実で何が嘘なのか!? 誰が味方で誰が敵なのか!? そしてフランクは何者なのか!? 町では、人々が広場に集まり、音楽が流れ、大統領の歓迎準備が着々と進んでいた…。フランクはホテルに駆け戻り、心にひっかかっていた213号室のドアを蹴破る。その中に彼が見たものとは。

    ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON)
    ジャック・コルブ保安官(サム・シェパード)
    しぶい!!

     “ランバス”まであと何日。カウントダウン形式で話が進んでいき、記憶喪失の男フランク・キャヴァノー(ヴァル・キルマー)の謎が徐々に解明されてドラマが展開されています。

     ちょっと前に映画をみたので、その“ランバス”とはいったい何だったのかが思い出せなくて、ネットで色々調べたが結局分からないままです。誰か分かる方がいたら教えてください。

     記憶喪失に陥った男が、「大統領暗殺計画」 と言うかすかな記憶から紐解いていく感じは結構好きな展開でしたが、 この後のストーリーが何となく予想出来てしまい、正にその通りになっていきました。 
     その事を抜きにしたら、いい感じで謎が少しずつ明らかになっていきます。だが、最後の方に黒幕のミセスK(フェイ・ダナウェイ)が、それまで分からなった事件の真相を、なぜかぺらぺらと説明をしだして、最後に殺されてしまいます。そこから、バタバタと話が進んでいき、ちょっと分かりにくい展開になっていきます。

     最後は、500万ドルとナースの彼女、リズ(エイミー・スマート)も手に入れてハッピーエンド!?
     最後は、フランクがスターリング(レオ・フィッツパトリック)を射殺し、大統領暗殺を阻止。一見いい人になったようだが、記憶をなくす前はテロリスト。この後、彼女と更正出来るか見ものですね。


    ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON)
    フランク・キャヴァノー(ヴァル・キルマー)

    ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON) ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON)
    ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON) ブラインド・ホライズン (BLIND HORIZON) 
    関連記事

     

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム  
    インシテミル 7日間のデス・ゲーム
    評価 ★★★

    ジャンル スリラー/サスペンス
    公開 2010年10月16日  
    出演 藤原竜也/綾瀬はるか/ 北大路欣也
    監督 中田秀夫
    製作年 2010年
    製作国 日本
    上映時間 107分

    《あらすじ》 goo映画より

    謎の施設、暗鬼館を訪れる10人の男女。フリーター青年の結城(藤原竜也)、倒産した元会社社長の安東(北大路欣也)、専業主婦の渕(片平なぎさ)、経歴不明の岩井(武田真治)、リストラされた中年の西野(石井正則)、研修医の大迫(阿部力)、ネイリストの若菜(平山あや)、WEBデザイナーの関水(石原さとみ)、元OLの祥子(綾瀬はるか)、大学生の真木(大野拓朗)。それぞれに大金を必要とする理由があり、時給11万2千円という常識はずれな高額のバイト料に誘われてやってきたのだ。アルバイトの内容は“7日間にわたる心理学の実験”に参加すること。ルールは極めてシンプル。ここで体験する事件を解決するだけ。発生した事件の犯人を参加者全員で推理し、多数決で犯人を決定、監獄へ投獄するというものだった。その目的は、人間心理のサンプルデータ収集。うまくいけば、わずか7日間で億万長者になれるはずだった。だが実験2日目、1人が死体となって発見され、参加者たちはパニックに陥る。とはいえ、あと6日はここを出ることができない。彼らは、ルールに従って犯人を決定するしかなかった。また、この実験では犯人と死体にもボーナスが出ることになっていた。それは、金のために殺人が起きる可能性を示すものだった。さらに、欲望を後押しするかのように、それぞれの部屋にはアイスピック、斧、毒薬などの凶器が……。残る6日間をどう過ごすか?殺されるか?殺すか?それとも制限時間まで逃げ切るのか?閉ざされた館の中、誰が襲ってくるかわからない状況に、全員が疑心暗鬼に陥ってゆく。実験が終了するのは、タイムアップを迎えるか、生存者が2名となり、実験不可能と判断された時だけ。参加者はひとり、またひとりと殺されてゆく……。やがて、ゲームに隠された恐ろしい真実に気づく結城。果たして誰が、最も高額の報酬を手に暗鬼館を出るのだろうか……? 

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム

     これは、es[エス] (Das Experiment)や、エクスペリメント (THE EXPERIMENT)に良く似ており、お金で人を集めてある実験をして、その時の行動を観察すると言うもので、この“インシテミル”では、その時の様子をインターネットで全国に放映して、そこから収入を得る所が違ってきます。 
     
    インシテミル 7日間のデス・ゲーム
     結城(藤原竜也)が職を探していると、祥子(綾瀬はるか)が近づいてきて、なんと時給11万2千円と言う信じられない金額のアルバイトの話を持ちかけてきます。
     普通は知らない女の人からこんな胡散臭い話を持ちかけられたら、まず間違いなく断るでしょうね。これに付いて行く結城もどうかと・・・。
     でもここで行かないと話が進まないし。

     ここに10人の男女が、今回の舞台、暗鬼館にみんなが集められます。

     この暗鬼館では、あるルールがあり、それ以外は何をしてもOKであります。

    暗鬼館のルール
      ルール1 一人に一つずつ鍵のかからない部屋が与えられる
      ルール2 一人に一つずつ異なる殺傷能力を備えた凶器が与えられる
      ルール3 22時から翌朝6時までは自分の部屋から出てはならない
      ルール4 事件が起きたら、『探偵』は解決せよ
      ルール5 『探偵』の解決が正しいかどうかは多数決で決定せよ
      ルール6 多数決で『犯人』が決まったら、『探偵』は『犯人』の投獄を宣告せよ
      ルール7 実験終了は7日目を迎えるか、『生存者』が2名になった時点とする
      ルール8 尚、当バイト下記の特別手当あり
               探偵ボーナス・・・報酬2倍
               犯人ボーナス・・・報酬2倍
               死体ボーナス・・・報酬2倍


     インシテミル 7日間のデス・ゲーム インシテミル 7日間のデス・ゲーム
    人を陥れようと、色々な噂を流していくもの。多数決の時の為に自分の仲間に引き入れようとするもの。早くも心理戦が勃発しています。

    ここから様々な事件が起こってきます。

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム 

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム インシテミル 7日間のデス・ゲーム

     色々な展開で、人がどんどん殺されていきます。一人減り、二人減り、終に残り三人に。
     探偵になり、推理する場面では、ちょっと中途半端な感じで、いまいちスッキリしない展開でした。このシーンをしっかり作りこんだら、もっと良くなったんじゃないかな。  

     あと、最後の方で、生き残る為だろうけど安東(北大路欣也)の死んだ振り。そしてタイムアップ。明らかに生き残ったのに、アルバイト代をもらってません。 

     そして、結城(藤原竜也)が生き残り、大金を手に入れますが、最後にそのお金を捨ててしまいます。 あんなに苦労をして手に入れたのに。もったいない。
     祥子(綾瀬はるか)は、 最初から怪しいと思ってたら、やっぱりと言う展開に。最後の最後にわかって、「えっ、うそ」と言う流れに持っていって欲しかったですね。

    もう少し、細部にこだわり作りこんだら良い作品が出来たと思います。おしい!!

    インシテミル 7日間のデス・ゲーム 
    これは、バナナマンの日村が声を出しています。



    インシテミル 7日間のデス・ゲーム  インシテミル 7日間のデス・ゲーム 
    インシテミル 7日間のデス・ゲーム インシテミル 7日間のデス・ゲーム

    関連記事

     

    戦国疾風伝 二人の軍師

    [テレビドラマ] CM(0) TB(0)

    戦国疾風伝 二人の軍師
    戦国疾風伝 二人の軍師
    評価 ★★★★ 

    公開 2011年1月2日
    出演 西田敏行/高橋克典/山本耕史
     

    この作品は、竹中半兵衛黒田官兵衛の二人の軍師が豊臣秀吉に天下を獲らせた男たちとしてスポットをあてた作品になっています。 

     この二人、名前はよく聞いてましたが、実際どんな人物か良く分かりませんでしたが、見終わって、秀吉の天下獲りには、絶対に欠かせない人物でした。

    戦国疾風伝 二人の軍師

      
     黒田官兵衛(如水)が瀕死の状態で幽閉されていた有岡城から助け出され、秀吉と感激の対面。この時官兵衛は、足を痛めてしまい、一生治ることはありませんでした。それにしても、この姿は痛々しい。

    戦国疾風伝 二人の軍師

     戦国時代を、僅か7時間で表現するには、当然時間も足らないと思いますが、色々なシーンが端折られているんでしょうけど、全然分かりませんでした。 そこら辺も分かる様に、これから頑張って行きたいと思います。 

     あと、
    NHK 大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」も楽しく見ていますが、それにも、本能寺の変で織田信長が亡くなるシーンが出てきます。これまでも、テレビ・映画・漫画などで、信長が色々な死に方をしてきました。これから先も、色々な作品で何回このシーンを目撃していくんだろうか。ずっと、見守って行きたいと思っています。

    高校時代に、世界史を選択したせいか、日本史が基本の流れぐらいしか分からず、ちょっとコンプレックスになっていました。 

     だから、今この歳になって、少しでも理解しようとテレビ・映画・子供の社会の教科書などで、勉強中であります。

    戦国疾風伝 二人の軍師
    戦国疾風伝 二人の軍師
    戦国疾風伝 二人の軍師 

    戦国疾風伝 二人の軍師 戦国疾風伝 二人の軍師

    関連記事

     

    ソルト

    [アクション] CM(0) TB(0)

    ソルト (SALT)
    ソルト
    評価 ★★★★  

    原題 SALT
    公開 2010年7月31日
    ジャンル アクション   
    出演 アンジェリーナ・ジョリー/リーヴ・シュレイバー
    監督 フィリップ・ノイス
    製作年 2010年
    製作国 アメリカ
    上映時間 100分
     

    《あらすじ》 goo映画より

    アメリカCIA本部で、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフが捕えられる。そしてオルロフの告白は、一同に衝撃を与える。それは、大統領を暗殺するために、今日、ロシアからのスパイが送り込まれるというものだった。さらに、そのスパイの名は“ソルト”だと告げられる。そのため、オルロフの尋問を担当していたCIA女性職員イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)に嫌疑がかかる。ソルトは何者かによる罠であると主張し、夫に会わせるよう懇願するが、同僚であるCIAから追われる身となってしまう。やむを得ず彼女は金髪を黒髪に染め、変装して逃亡する。翌日、ソルトは、アメリカ副大統領の葬儀が行われている会場に姿を現す。厳重な警備が敷かれているその場所で、彼女はあっさりCIAの同僚に捕えられ、警察に連行される。しかし残された者たちは、彼女がスパイなら、なぜ自分たちを撃たなかったのかと違和感を覚える。そんな中、ソルトは連行中のパトカーから脱出し、行方をくらましてしまう。その数日後、ソルトはホワイトハウスの内部に現れる。しかし、彼女は以前とは全く異なる姿をしていた。


    -ネタバレ注意-

     この作品は、元々トム・クルーズが主演の予定だったが、色々あって、アンジェリーナ・ジョリーに変更になったみたいで、トムが演じたらどうなっただろうと想像してしまいます。
      
    ソルト (SALT) ソルト (SALT)
    ソルト (SALT) ソルト (SALT)

     
     すごく楽しかったです。女二重スパイかっこいいですね。アクションシーンも最高!金髪、黒髪、男装、ソルトの 七変化も楽しめました。

    ソルト (SALT)ソルト (SALT)

     劇場版、ディレクターズ・カット版、ディレクターズ・カット版(別エンディング)と3つのバージョンがあり、まず、ディレクターズ・カット版を観ました。そして、別エンディングの違いと劇場版の違っている部分だけ観ました。

     大きな違いは、ソルトの夫(マイク)が殺されるシーンで、劇場版では、ピストルであっさりと殺されるが、ディレクターズカット版では、水攻めで殺され、それをソルトがずっと見つめる中死んでいきます。本当は、助けたかったんだろうが、ロシアに対しての忠誠心を試されたんじゃないかと思います。 この後、劇場版、ディレクターズ・カット版ではオルロフを殺害するが、別エンディングでは殺害せず、そのまま話が進んでいきます。

    ソルト (SALT)

     あと、エンディングが全然違います。劇場版、ディレクターズ・カット版では、 最後、ウィンターを殺害後、ヘリで連行途中に、ピーボディの計らいで、ヘリを脱出、これからロシアのスパイ養成組織を潰しに行くところで、”続きますよ”の終わり方でした。

     別エンディングでは、ウィンター殺害後、取調室でピーボディはまだ生きているオルロフをなんとかしたいがために、ソルトに情報を求めるが、ソルトは、奥歯に仕掛けてある青酸カリを飲んで、自殺を図るかに見せかけ、医務室から上手く脱走し、オルロフのいる養成所に進入、オルロフを捕まえ、重りをつけて川に突き落とし、夫が殺されたのと同じ水攻めで殺害。沈んでいくオルロフを冷ややかな瞳で見つめていました。
    そして背後にある巨大スパイ養成所を、爆発して見事”完結”と言う感じで終わりました。
     
     ぜひディレクターズカット版とディレクターズカット版(別エンディング)を見比べてください。

     あとちょっと気になる点があります。前半オルロフが 「アメリカ副大統領の国葬に参列するロシア大統領暗殺を企てるロシアの二重スパイがいる。その名はイブリン・ソルト」と正体をばらしてしまい、ただ単に、任務が難しくなっただけじゃないかな。 

      
    ソルト (SALT)  ソルト (SALT) ソルト (SALT)
    ソルト (SALT)ソルト (SALT) 
    関連記事

     

    ミラーズ

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    ミラーズ
    ミラーズ 
    評価 ★★★ 

    原題 MIRRORS
    公開 2008年12月26日
    ジャンル スリラー/サスペンス  
    出演 キーファー・サザーランド/ポーラ・バットン
    監督 アレクサンドル・アジャ
    製作年 2008年
    製作国 アメリカ
    上映時間 111分
     

    《あらすじ》 goo映画より

    ニューヨーク市警の刑事として勤務していたベン・カーソン(キーファー・サザーランド)は、一年前に同僚を誤って射殺、停職処分を下される。その後、アルコールに溺れる日々を送り、今は妹のアンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに居候の身だ。そんなベンの願いは、別居中の妻エイミー(ポーラ・パットン)の信頼を回復し、二人の子供との生活を取り戻すことだった。仕事を探していたベンは、ニューヨーク6番街の一角にあるメイフラワーデパートの焼け跡を巡回する夜警の仕事にありつく。そこは、5年前の大火災で多くの死者を出して閉鎖された場所だが、法的手続きのため現場が保存されているのだった。内部は異様な雰囲気が充満しており、フロアのあちこちにマネキンが転がっている。全てが朽ち果てた空間の中、ベンは今なお美しい光沢を保つ巨大な鏡に引き寄せられた。すると突然、全身を焼き尽くすような激痛がベンを襲う。どこからともなく聞こえてくる呻き声。鏡に映し出される焼けただれた女性の姿……。この夜以来、ベンの周囲で奇怪な出来事が続発する。ベンの前任の警備員ルイスの変死体が駅で見つかり、デパート火災に関する新聞記事がベンのもとに届いた。記事の送り主はルイスだった。さらに、アンジェラが自宅のバスルームで無残な死体で発見され、ベンは悲しみのどん底に突き落とされる。ベンは市警の元同僚の協力を得て、かつて病院だったデパートの過去を洗い出す。やがて彼は鏡に浮かび上がった“エシカー”というキーワードの意味を調べるうちに、ある少女の存在と50年以上前に病院で起きた忌まわしい出来事にたどり着くのだった。しかし、そのとき既にベンの家族に得体の知れない脅威が忍び寄っていた。「家の中に何かがいる」と電話で助けを求めてくるエイミー。ベンは、妻子を守るために鏡をめぐる秘密の核心へと迫っていく……。


     2003年公開された、韓国映画「鏡の中に」を基に製作された作品です。

     『24-TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役でおなじみのキーファー・サザーランド主演映画。

     同僚を誤って射殺し、停職処分になって以来、アルコールにおぼれ、妻のエイミー(ポーラ・パットン)や子どもからも見放されている元警官のベン(キーファー・サザーランド)。妹アンジェラ(エイミー・スマート)のアパートに寝泊りする彼は、火災に遭ったデパートの夜警の仕事中、鏡に触れたことから不可解な現象に襲われ始めます。 

    ミラーズ

     しかし、今、『24』シーズン5の再放送を観ているせいか、もうジャックそのもの。『24』を観ている感じになりました。

     今回、一番きたシーンは、妹アンジェラが殺されるシーンでした。口が裂けてしまい、すごく痛々しい死に方でした。まるで、『SAW』の様な殺され方でした。夢に出てきそう・・・。 

    注意!!衝撃映像です。
    クリックで拡大できます。
    心臓の弱い方は見ないで下さい。
    ミラーズ

     ここから本格的にベンが謎解明に奔走します。ベンは市警の元同僚の協力を得てかつて病院だったデパートの過去を洗い出します。鏡に浮かび上がった“エシカー”というキーワードの意味を調べるうちに、ある少女の存在と50年以上前にその病院で起きた忌まわしい出来事にたどり着きます。

     しかし、そのとき既にベンの家族に得体の知れない脅威がせまっていました。「家の中に何かがいる」と電話で助けを求めてくる妻のエイミー。ベンは、妻子を守るために鏡の中の悪魔と戦っていきます。

     ここで、ちょっとおかしな事が。悪魔は、ベンにエシカーを探してもらいたいのに、妻子に危害を加えているので、エシィカーを探しているベンを邪魔してしまう事になってしまいます。ちょとした矛盾かな。 

    ミラーズ  ミラーズ
     
     あと最初は、鏡だけでしたが、ここら辺から鏡というよりも映るものすべてになってました。水・窓ガラスなど、姿が映れば全てOK。自分としては、この設定はいただけなかったです。これだと、『目(瞳)』も対象になってしまうんじゃないでしょうか。『目』がOKだと 悪魔はエシカーを自分で探しにいけますね。鏡だけにして欲しかったです。

     ここからジャックばりばり。家族の為なら、なんだってやってしまいます。修道女になったエシカーを連れてくる為に、『24』ばりに銃で威嚇。そして彼女を犠牲にして、家族を助けてしまいます。 

    ジャック・・・じゃなかった、ベン!!  
     ミラーズ 

     悪魔との戦闘は、ちょっとわかりにくかったかな。そして、最後のどんでん返し。ベンが鏡の中に・・・。なぜ?
    あの、悪魔はいったいどうなったのか。

     ホラー、サスペンス、アクション。 色々なジャンルが混ざった、面白い作品でした


    鏡の中の手には、ある物が・・・
    ミラーズ
       
    ミラーズ

    ミラーズ  

    ミラーズ (MIRRORS) ミラーズ (MIRRORS) ミラーズ (MIRRORS) ミラーズ (MIRRORS)   
    関連記事

     

    エイリアンvsエイリアン

    [SF/ファンタジー] CM(2) TB(0)

    エイリアンvsエイリアン
    エイリアンvsエイリアン 
    評価 ★

    原題 ALIEN VS.HUNTER
    公開 未公開
    ジャンル SF   
    出演 ウィリアム・カット
    監督 スコット・ハーバー
    製作年 2007年
    製作国 アメリカ
    上映時間 84分

    《あらすじ》 Allcinemaより

     地球に降り立ったエイリアンたちの戦いと、その戦いに巻き込まれた人間たちのサバイバルを描くSFアクション。アメリカの田舎町に謎の物体が墜落する。新聞記者のリーと保安官のジョエルが墜落現場に行ってみると、そこには不時着した宇宙船があった。突然、2人の前にクモ型エイリアンが現れ、ジョエルはエイリアンの餌食になってしまう。運よく逃げのびたリーは新聞社の仲間たちと町を脱出しようとするが、行く手をエイリアンが阻む。その時、現われたのが、エイリアン“ハンター”だった。平和な町を舞台に、エイリアンVSエイリアンの壮絶な戦いが始まった…。


    -ネタバレ注意-

     ちょっと映画でも見てみよう。軽い気持ちで隣のレンタルビデオショップに立ち寄り、 物色をしていました。だいたい自分がよく見る映画は、地球が滅びる系・アクション・ゾンビ・UFO・宇宙人・歴史などが多く、今日、目に留まったのはエイリアンコーナー。本家、エイリアンの横に10本ぐらい、”いかにもシリーズ作品ですよ”と言う面持ちでこちらを見ている一行があった。「よしっ、今日は之を借りろう。」一週間レンタルで3本選び、その中の1本が本日紹介する、「エイリアンvsプレデター」のパクリ映画、「エイリアンvsエイリアン」である。 

     宇宙から謎の隕石が二つ落下してきた。そこを雑誌記者リーが緊張感なくジョギングをしていた。保安官のジョエルがリーを誘い現場へ急行。そこで早くもエイリアンが・・・出てこない。エイリアンがいるのに全然姿が出てこない。出てくるのは、リーとジョエルのアップの映像ばかり。だが、一瞬エイリアンが出てきたと思ったら、保安官が捕まり、ガジガジと食べられてしまった。

       エイリアンvsエイリアン

    次にエイリアンが出てきたのがこれだ、 

     エイリアンvsエイリアン

    「えっ!何。」 我が目を疑い、巻き戻して再生・・・。蜘蛛?蜘蛛が車を突き飛ばした。後になって、この車が意外なところに登場してきます。このときは、最初のエイリアンとこの蜘蛛エイリアンが別物と思っていたら、なんと同一エイリアン。だが、これが分かるのは終盤でした、なぜかと言うと、この蜘蛛型エイリアンの全身のシーンがほとんどない。出てきたと思ったら、 
       
      エイリアンvsエイリアン  

     このように、遠目に一瞬しか映らず、ほとんどが上半身のみと言う演出になっています。 
      
     エイリアンvsエイリアン
    エイリアンvsエイリアン 
    エイリアンvsエイリアン 

     次に、蜘蛛型エイリアンを追っかけてる、エイリアン“ハンター”だ。

    エイリアンvsエイリアン 
    エイリアンvsエイリアン 
    エイリアンvsエイリアン 

      またもや、巻き戻して再生。こいつは、プレデターのパクリで、腕の所のボタンを押すと、なんと姿を消すことが出来る。このまま戦えば恐らく無敵だろうが、本家と同じで”私はここにいますよ”と姿を見せて敵と戦う心優しいエイリアンだ。しかし、この格好どうにかならないものだろうか、パッケージのデザインはまあまあだったのに、この潜水服みたいなダサイ格好。このハンターの目的は、蜘蛛型エイリアンを倒すこと。しかし、いつの間にか、関係ない人間にも襲い掛かる始末。挙句の果ては、銃で戦えば簡単に人間などやっつけることが出来るのに、あえて素手で、

    エイリアンvsエイリアン 

      そして、腹を蹴り上げ、どこにあったか急な坂道を転がりまくります。まるで、ギャグ漫画みたいな展開だ。

    エイリアンvsエイリアン 
    エイリアンvsエイリアン 
    エイリアンvsエイリアン 
     
     何とか難を逃れた人間は、バレンタインの家の地下から、脱出計画をたて洞窟の中へ入っていく、ここにも地上にいるはずの蜘蛛型エイリアンが地下に現れ、逸れた仲間をガジガジガジ。途中いつ埋めたのか、最初のほうで突き飛ばした車が埋まっているではないか。さらに進んでいくと、いつその様に改造したのか、ハンターの宇宙船とその地下道が違和感なくつながっているではないか。そこで、死体の蜘蛛型エイリアンの顔を剥ぎ取りもって帰ると変な行動に出るやつもいる。

     エイリアンvsエイリアン

     さあ、地上に出て最終決戦。三つ巴の決戦の末、なんとか、人間が、蜘蛛型エイリアンを倒す快挙を成し遂げた。そこで、この映画最大の見せ場が訪れる。 
       
    エイリアンvsエイリアン 
     このおじさん(主人公リー)が、まだ一匹倒しただけで、ハンターが襲ってくるかもしれないのに、なんと、勝利のガッツポーズ。しかも、2回も。 運よくハンターも何処かへ行き、ハッピーエンド!! 

     しかし、この後、衝撃のエンディングが。あのハンターがマスク?を取ると。中から素顔が。人間?ロボットじゃないの?何?何?しかも、タバコ吸っているし。この意味分かる人教えて!

     エイリアンvsエイリアン


     本当に、突っ込みどころ満載のすばらしい、B級いやZ級映画だ。いや、面白かった。之を読んだ人は、映画を見て、面白かったら是非別の人に勧めてくれ。
     DVD返却したけど、やべっ!また見たくなった。借りてこっかな。

     評価★ですけど、ある意味超お勧めの映画です。どこかの映画同好会が作成した、クソゲーならぬクソ映。見終わった後、もう一度見たくなる映画です。レンタルしてコメントして下さい。

    エイリアンvsエイリアン (ALIEN VS.HUNTER) 

    関連記事

     

    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

    [アニメーション] CM(0) TB(0)

    2007年9月に公開された映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』に続く第2弾。

    全くエヴァの知識もなく、『序』も見てなくて、いきなり『破』を観ました。案の定、内容が全く分からなく、微妙な感じでした。

    いきなり、次々と”使徒”が現れて、それをエヴァがやっつける展開がが続き、なんだかダイジェストを観ている感覚になりました。

    あと、下に字幕が出てきますが。バックの色とかぶって見にくかったです。
    それと、戦闘中に「今日の日はさようなら」と「翼をください」の歌が流れます。中学の合唱コンクールの歌だ!この歌が流れるなんて、ちょっと違和感がありました。もっと別の選曲が出来なかったのかな。ファンにはこの歌が良かったんでしょうか?

    この後、エヴァの基礎知識を教えてもらい、少し内容が分かりました。
    やはり『序』から観ないといけないみたいです。


    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破
     
    ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

    評価:★★★
    関連記事

     

    30デイズ・ナイト (30 DAYS OF NIGHT)

    [ホラー] CM(0) TB(0)

    デヴィッド・スレイド
    ポニーキャニオン
    発売日:2010-10-06

    北米最北端北の地、アラスカ州バロウ。1年を通じて氷点下を下回り、夏には決して日が沈む事の無い白夜が、冬には決して日が昇る事の無い極夜が訪れる。この極夜をねらってやつらが押し寄せてきた。

    ヴァンパイア、ゾンビいったいどっちだ。どうもヴァンパイアの話らしい。でも人食ってたけど。このヴァンパイアが強い。そして、スピードがとてつもなく速い。さらに頭がいいし、言葉も喋る。こいつらをやっつけるのは一筋縄ではいかないぞ。

    ヴァンパイアを倒すために、日が昇る30日後を目標に一生懸命生き残ろうとする主人公エバンたち。しかし、この30日という長い日数がうまく映画に生かされていなかったと思います。1日逃げ切るだけでも大変なのに、まして30日も。そして、中途半端に1日がすぎていきます。設定を3日ぐらいにしてハラハラドキドキの展開にした方が良かったんじゃないかと思います。

    やっといい隠れ家を見つけたのに、なぜか移動していくエバンたち。街中を行ったりきたり。大人しくしていたら、みんな助かったんじゃないかなと思うぐらい安全だった感じがします。なぜそこで動く。お約束のシーンです。

    途中エバンが車を奪ってヴァンパイアをやっつけ逃げていくシーンがありますが、なぜかまた町に戻ってくると言う訳が分からないシーンがありました。あのまま車で別の町に助けを呼びに行くなり出来たと思います。

    そして主人公のエバンをはじめ何人かが何とか30日を隠れて生き延びるのだが、最後の夜、日が昇る直前にヴァンパイアは来年も戻って来るために、証拠隠滅を始め町を燃やしてしまいます。

    最後のあの場面。?ですね。彼女の為に、なぜ、自分でヴァンパイアになって、やつらと戦わなければならないのか。彼女を助けるなら、注目を別の所に向けさせるなど、出来たんじゃないだろうか。
    しかし、ここがこの映画の最大の見せ場。ヴァンパイアになり力を得たエバン。ボスをやっつけハッピーエンド、と思われたが、30日後のその日がやってきてしまい、太陽の日が当たって体が消滅してしまいます。離婚しかけの夫婦の絆を最後に取り戻しました。

    ヴァンパイアは、太陽の光を浴びると灰になってしまいます。では彼らがどういう風に誕生して、人間狩りの為にやって来たんでしょうか。どの様にして彼らが誕生したのかも描いて欲しかったですね。その背景も分かっていたら、もっと楽しめたと思います。

    「2」もあるみたいなので、ちょっと観て見たくなりました。



    30デイズ・ナイト

     30デイズ・ナイト 30デイズ・ナイト

    30デイズ・ナイト 


    30デイズ・ナイト (30 DAYS OF NIGHT)

    30デイズ・ナイト - goo 映画


    ★★★
    関連記事

     

    TSUNAMI-ツナミ- (HAEUNDAE/TIDAL WAVE)

    [パニック] CM(0) TB(0)

    ユン・ジェギュン
    パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
    発売日:2011-01-21

    ツナミが来るまでが、兎に角長い。待って、待って、やっときたと言う感じ。韓国の海水浴場で小さな食堂を経営する幼馴染のヨニと、いまだ思いを伝えられないマンシク。この二人の、コミカルでドタバタした感じの恋の話がずっと続きます。待てども、待てどもツナミが襲ってきません。

    1時間20分ぐらい過ぎたでしょうか。地震発生。残された時間は僅か10分。高さ100m、時速800kmのメガツナミがやってきました。しかも2回も。CGを使って、大迫力。とっても、良かったと思います。ここが、唯一の見せ場でしたね。待った甲斐がありました。しかし、こんな凄いツナミが来たら誰も助からないでしょう。ビルの屋上にいた人々が死んでるのに、低地で電柱にしがみ付いていたマンシクやヨニは一体どうやって生き残ったのだろうか。不思議でしょうがありません。

    一番最後のシーンはちょっとびっくりしました。助かった男の子と、女の子が二人並んで座っていて、「ねえ、どこかで会わなかった?」と女の子が言って、男の子が「会ってないよ。」と言うシーン。はて、この女の子どこかで男の子と会ったのかな?その場面を最初から本編を観直し探すが、何処にもなく。DVDの特典映像の中で、男の子達が”ちんどんやになって、お金をみんなからもらう場面”?で、女の子がお金を寄付する時に出会っていました。未公開シーンを観ないと一番大事な最後のシーンの意味が分からないとは、前代未聞、破天荒な映画じゃないでしょうか。

    この映画は、パニック映画が好きでツナミが襲ってくるシーンに期待するんじゃなくて、韓流ドラマが大好きな人が観ればすごく楽しめると思います。



    ツナミ 

    関連記事

     

    アルマゲドン20XX (20 YEARS AFTER)

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    スジム・トレス
    タキ・コーポレーション
    発売日:2009-03-06

    これは、あのアルマゲドンと全く関係がありません。隕石なんか1個も落ちてきませんし、ジャケットでは、核が大爆発した様子が描かれていますが、一切登場しません。
    なぜなら、この作品の原題は、”20 YEARS AFTER”
    核戦争勃発から、20年後の話になります。なぜこのままのタイトルでいかなかったのか、この映画にアルマゲドンは使ったらいけません。初代アルマゲドンに謝って欲しいですね。

    核戦争が勃発してから20年後。世界は一部の生き残った人々が暮らしていました。生きるために、虐殺、略奪が行われ、強者だけが生き残れる世界になっていました。そんな中、生き延びたサラは被爆した都市から離れた地下に生活を求め、そこでラジオを交信し続けているマイケルと運命的な出会いをします。ある日、マイケルは奇妙なメッセージを受信します。それは初めて聞くメッセージでした。「自分たち以外にも生存している人間がまだいるのか?」マイケルはどうしてもその人物に会いたくなり、悪者の襲撃に遭い仲間が沢山やられ、やっと車を組み立て、妊婦のサラと一緒にメッセージの発信源である都市を探しにいきます。紆余曲折、なんとか出発し、途中怪我した女の人達を乗せるが、なんと次の場面でもうそのメッセージを送った町に着くではないか。何のトラブルもなく、あっさり見つけて、歩
    いていけそうな隣町にその人物はいました。ほんとは、生存者が、誰かいないかな、見つかればいいな、よし探しにいこう、とみんなで決心して探しに行ったのはずが、こんなにあっさりと。今まで20年間なにしてたんだ・・・。

    兎に角、この映画、突っ込み所が沢山有り、意味が良く分からない所がいっぱいありました。

    だらだらと見せ場がなく、全部観終わるのがとても大変でした。正に拷問映画。みんなで、集まり罰ゲームで観る。そんなレベルでした。
    50円レンタルで借りて、ぜひこの苦痛を共有してください。



    アルマゲドン大集合!!

    アルマゲドン 

    アルマゲドン2007 アルマゲドン2008
    アルマゲドン2009 アルマゲドン2010
    アルマゲドン2011 アルマゲドン2012
    アルマゲドン20XX アルマゲドン・パニック

    パッケージだけはかっこいいアルマゲドンたち!

    アルマゲドン20XX (20 YEARS AFTER)

    ★★
    関連記事

     

    アルマゲドン2010 (Meteor Apocalypse)

    [パニック] CM(1) TB(0)

    西暦2010年、巨大な彗星が接近。地球への衝突が免れないことが判明する。各国首脳による協議の結果、核弾頭ミサイルによる迎撃が実施されるが、彗星を止めることは出来ず失敗。それにより砕けた彗星の破片が無数の隕石となって地球に降り注ぐことになってしまった。さらには隕石に付着した謎の病原菌がダムに落下、水源が汚染され、水道水を飲んだ人々は次々と犠牲になってゆく。
    そして水質調査官のディビットのところに職場の同僚マークから電話があり、すぐ職場に急行。着くと、マークがのた打ち回り、口から泡を、なぜかそこにタイミングよく専門家が病原菌対策の薬(ミダゾラム)を持って走ってくる。なんと言うタイミングのよさ。しかし、薬が間に合わずマーク死亡。そこに、同僚のサムから電話が入り、「病原体に犯されると、10日以内に死んでしまう。」と、もうこの病原菌がどうなるかを解明。さすが、アメリカ。
    そこで娘のアリソンも水を飲み感染。政府は被災地区を隔離し、ディビットは妻ケイトと娘アリソンと離れ離れになってしまう。
    途中、病原菌に犯されたリンを助けて一緒に旅をすることになる。
    拘留施設を次々に家族が移動するなか、、「3日後には巨大隕石がロスに墜落して町が壊滅する」とFBI捜査官から聞き、壊滅したラスベガスからロスへと向かうディビット。社会秩序が崩壊し、無法地帯と化したアメリカ。降り注ぐ隕石雨の中、危険な旅を続け家族をさがしにいった。
    色々あったが、最後は無事家族とも再会。娘も助かりハッピーエンド。そこに巨大彗星が落ちてきて、パッケージにもあるように、「これが 地球最後の日だ」とあるが、アメリカの一部の地域が壊滅しただけで、全然地球最後の日じゃなかったっです。

    最初の方は、CGもいっぱい使って大作映画風のいい感じがしていましたが、途中から話がぐたぐたになり、病原菌の設定がかなりおかしくなります。いつの間にか、ディビットが解毒剤を作成。それもただ初めからあったミダゾラムと生理食塩水を混ぜるだけの簡単なもの。本当に、これで人々が救えるのか。

    車を降りると、その車に、隕石が激突するシーンが2回もあり、教会を出ると、その教会にも隕石が激突。まさに危機一髪!主人公の特権まるだしのシーンです。

    途中ある施設に入り、よく判らないやつらに銃撃され、ある部屋から屋上に逃げるシーンがあるが。リンと屋上から飛び降りようとするとディビットが高所恐怖症で飛び降りれず、結局建物の中に戻ってしまうという、全くいらないシーンもあります。

    この作品は、原題は「Meteor Apocalypse」で、元祖「アルマゲドン」とは全く関係なく、自分もシリーズ作品だと思って借りてきました。

    色々突っ込み所満載の映画です。とにかく設定がおかしく、良かったのは最初だけでした。買ったらいけません。¥100レンタルしましょう。


     
    アルマゲドン

    アルマゲドン2007 アルマゲドン2008 アルマゲドン2009 アルマゲドン2010
     
    アルマゲドン2011 アルマゲドン2012 アルマゲドン20XX アルマゲドン・パニック
     

    関連記事

     

    リアル鬼ごっこ

    [ホラー] CM(0) TB(0)

    柴田一成
    ジェネオン・ユニバーサル
    発売日:2010-12-02

    タイトルの「リアル鬼ごっこ」に引かれて観てしまいました。
    日本全国の佐藤さんが鬼ごっこで狩られてしまう。前半は、ハラハラドキドキしながら観ていました。
    一人を捜すために、佐藤全員を捕まえるといった、無駄な努力をしなくても、GPSを一人一人に付けれるなら、この王様の子供も簡単に見つけれたんじゃないでしょうか。まさか、佐藤と言う苗字だけしか区別できなくて、名前は区別できないと言う事はないでしょう。
    王様が主人公に顔を見せろと言われて、顔を見せるシーンンが良く分からなかったです。別に顔を見せなくても良かったんじゃないかな。
    ちょっと疑問に思ったのは、最後で妹が助かるシーン。設定では、パラレルワールドでもう一人の自分が死ねば、元の世界の自分も、一緒に死んでしまうはず。元の世界で妹を助けても、パラレルワールドの妹が助かる事にはならないと思います。その事に一生懸命、力を注ぐ主人公。作っている最中に気付かなかったのかな?
    使い古されたパラレルワールド。最後はパラレルワールドに行かずに別のエンディングにした方が良かったと思います。
    しかし、主人公走っていましたね。撮影、かなりきつかったでしょうね。
    2も出ていますが、この出来じゃあまり観たいとは思わないですね。



    リアル鬼ごっこ 

    リアル鬼ごっこ

    リアル鬼ごっこ

    リアル鬼ごっこ - goo 映画 

    ★★ 
    関連記事

     

    es[エス] (Das Experiment)

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    オリバー・ヒルツェヴィゲル
    ポニーキャニオン
    発売日:2003-01-16

    リメイクのエクスペリメントを先に観てから、そのオリジナルのes[エス]を観ました。
    実際の実験をベースに作られており、大まかな流れは大体一緒で、所々違うシーンがありました。
    その実験とは大学の地下に作られた擬似刑務所で、20人の男達を
    「看守」と「囚人」に分け、それぞれ与えられた役になり切り2週間生活すればOKと言うもの。
    元雑誌記者のタレクは、2週間で4000マルク(約2000ユーロ、25万円)という高報酬と、刑務所の囚人の疑似体験という実験の特殊性が良い記事になると思い、実験の様子を秘密裏に取材し、録画する為の超小型カメラを眼鏡に仕込み実験に参加しました。
    実験1日目は看守・囚人双方ともに軽い冗談を飛ばし合い、実験を楽しんでいましたが、些細な出来事をきっかけに両者の関係は徐々に悪化し、やがて事態は悲惨な状況へと変貌をとげていきます。
    オリジナル・リメイク両方観て思った事は、人間はとても弱い生き物だと。たった2週間、みんなで協力して、何事もなく頑張れば大金が手に入るのに、やはりそれが出来ない。強い立場(看守)が、弱い立場(囚人)を攻撃してしまう。本能の赴くままに行動する人間の姿を映し出します。立場がちょっと変わるだけで自身を見失い、自分でも考えられないような恐ろしいな内面が顔を出してしまいます。環境が人間を変えるとは、正にこの事だと思います。
    結果、看守の囚人に対する虐待はエスカレートし、2週間の予定も6日で中止せざるを得なくなりました。
    オリジナルは実験側の人間が結構出てきてました。看守たちを、あそこまで野放しにしたのは失敗じゃないでしょうか。最後は実験側の人間も襲われます。
    看守のリーダーは、かなり気持ちが悪かったですね。かなりいい味出していたと思います。でもあそこまで彼に従わなくても良かったんじゃないかな。そんなに強そうでもなかったし。
    しかし、たかがアルバイトでここまでなるのか、ちょっと疑問に思います。2週間後には、お金をもらって普通の生活に戻るのに、人を殺したり、レイプしたり、なぜ、あそこまで看守たちは出来るのか、考えられないです。
    あとあの眼鏡は結局どうなったんだろうか。その事についてもう少し触れてほしかったです。
    オリジナルの方が少しよかったと思います。けれど、後味はあまりよくなかったですね。



    6つのルール
    1.囚人はお互いに番号で呼び合わなければならない。
    2.囚人は看守に対して敬語を使わなくてはならない。
    3.囚人は消灯後、会話を一切交わしてはならない。
    4.囚人は食事を残してはならない。
    5.囚人は看守の全ての指示に従わなくてはならない。
    6.ルールを違反を犯した場合、囚人には罰が与えられる。

    エス


    es[エス] (Das Experiment)

    es[エス] - goo 映画

    ★★★
    関連記事

     

    エクスペリメント (THE EXPERIMENT)

    [スリラー/サスペンス] CM(0) TB(0)

    ポール・T・シュアリング
    Happinet(SB)(D)
    発売日:2011-06-02
     

    『es〔エス〕』の 衝撃再び! わずか6日で中止になった実在の”心理実験“
    刑務所と同じ環境で、”看守役”と”囚人役”に分かれてルールに従って14日間の実験を終えると日給1000ドルの報酬がもらえます。
    囚人には5つのルールがあり、それに違反して赤いランプが点滅したら実験は中止となり、報酬がなくなってしまいます。
    みな、この報酬の為にルールを守ろうと努力していきますが、あくまで、”看守役”と”囚人役”だったはずが、とくに看守役側がその地位を利用して、やりたい放題になっていきます。
    食べ物や待遇の問題で囚人役達の不満が大きくなり、それを看守役が修めようとするが、囚人も囚人役だから言う事を聞かず、看守役もこのままだと報酬がもらえなくなるので、それを押さえようと罰を与え、またそれに囚人役が酷く反発すると実験中止で報酬なし。暴力の変わりに屈辱を。
    仕方なく看守役の言いなりになるが、いつの間にか死者まで出してしまう始末。
    こうなったら、その人間達を誰もとめることができなくなってしまう。
    やはり、人間はこの様な状態に置かれたら、こうなってしまうんだろうか。
    ここまでは、結構良かったが、最後がちょっとあっけなかったですね。もうちょっと後日談を描くなり、どんでん返しがあっても良かったのではないかな。
    あと、実験している側をもう少し詳しく描写して欲しかったですね。
    でも、実話を基にしてるから、あまり変更できなかったのかな。
    「es」はまだ観てないので、ぜひ観てみたいです。



    エクスペリメント 
    ルールはどんどん増えていきます。
    決して子供には見せないで下さい。

    エクスペリメント (THE EXPERIMENT)

    エクスペリメント - goo 映画

    オフィシャルサイト→エクスペリメント

    ★★★
    関連記事

     

    ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (THE CHRONICLES OF NARNIA:THE VOYAGE OF THE TREADER)

    [SF/ファンタジー] CM(0) TB(0)

    ナルニア国物語。初めて観ました。すごく、壮大な物語で、ぐいぐい引き込まれました。CGもとっても美しく、大作感ばっちり。
    ペべンシー兄妹は大嫌いな従兄のユースチスの家に預けられるが、壁に掛かった帆船ドーン・トレダー号の絵の中に吸い込まれ、再びナルニアの国に引き込まれていきます。兄妹は、親友のカスピアン王子とネズミ戦士のリーピチープと再会を果たし、ナルニアの東の果てへと再び冒険の旅に出ることになり、アスランの七つの剣を集める旅に出ます。
    エドマンドとその妹ルーシーと一緒に旅するのが、従兄弟のユースチス。最初は嫌な奴として登場しますが、途中ドラゴンへと姿を変えられ、最後は彼の大活躍で仲間が助かります。彼が、第4章の主人公みたいですね。頑張ってほしいです。
    最後にライオンのアスラン王が出てきましたが、タイトルに付けるのはどうかなと思うぐらい出番が少なかったですね。
    あと、CGのネズミ戦士のリーピチープがCGとは思えないぐらいに見事に画面に溶け込んでいました。流石です。
    とても楽しかったので、ぜひ第1章と第2章も観てみようと思います。





    ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 - goo 映画

    ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島

    「朝びらき丸」
    この帆船は実物大サイズで実際に作られ、建築費は22億円かかっているそうです。
    関連記事

     

    最強武将伝・三国演義

    [アニメーション] CM(3) TB(0)

    三国志

     「最強武将伝・三国演義」全52話。。久しぶりに、アニメを最初から最後まで全部見ました。 
     『
    三国演義』(さんごくえんぎ)は、中国四大奇書の一つである羅貫中作の通俗歴史小説であり、そのテレビアニメ化作品であります。
     三国志が大好きであり、毎週日曜日の朝放送で、とっても楽しみでした。
     三国志のアニメ・ドラマなどは、赤壁の戦いが有名で、よく続いても、孔明が死ぬまでが多く、三国滅亡→晋の中国統一まで描かれるとは、 とても貴重な作品だと思います。
     貴重ですが、このアニメに関しては、とにかく進行速度がとても速く、話を端折っていて、今まであれだけ活躍していた武将が、ナレーションまたは、「〇〇武将がなくなりました」と言う部下の進言で話が進んでいく有様です。まさに三国演義のダイジェスト版といえるでしょう。
     一日20分×52話ではやはり限界があり、自分らを満足させるには、この3~5倍は時間が要るんじゃないでしょうか。
     最終話はまさに超(スーパー)ダイジェスト。三国滅亡から、晋の統一まで一気に駆け抜けていきました。だから、感動が全然なく、あっさり終劇。ちょっと不満がありましたが、本当に一年間ありがとうございました。
     
     しかし、オープニングで後姿の二人が、司馬師、司馬昭の兄弟だったとは。


    三国志

    オフィシャルサイト→最強武将伝・三国演義

      
     あと、自分の息子の名前は、大好きな趙雲子龍の名前をもらって、ずばり「子龍」となずけました。劉備から「子龍は一身これ胆なり(子龍は度胸の塊の意)」と賞賛され、忠義の人で、仲間からの信頼に厚く、大きな人物になる様に名前をつけました。

    いざゆかん 民の為に
    関連記事

     

    いぬのえいが

    [ドラマ] CM(0) TB(0)

    『うちの子NO.1』のミュージカルシーンではちょっとやばいかなと言う始まりでした。
    けれど、『ポチは待っていた』ぐらいから結構面白くなりました。
    ポチは、草むらのボールを捜せないから山田くんが倒れてしまったと思い、運ばれていく救急車をボールをくわえたまま追いかけていきます。
    ポチは山田くんの帰りを、病院の前でずっと待っていましたが、終になくなってしまいます。
    大人になった山田くんがそのパン屋さんに戻ってくると、なんとあの女の子がまだパンを売っているではないですか。
    懐かしさからか、山田くんはポチの幻を見てしまいます。昔のようにボールを投げる山田くん。しかし、よく分からないのが、別れる原因になった草むらに、またボールを投げ込んでしまいます。ポチとの思い出を消してしまいたかったのかな?色々な意味で心に残るシーンでした。
    あと、山田くんが考えた”ワンコパン”。お店の名物になってるみたいで良かったですね。何味かな?やっぱりアンコじゃないかな。一つ食べてみたいですね。
    『恋するコロ』では、リリィちゃんがなんとオスだったとは。
    『犬語』では、外人さんに最後犬が喋った言葉は何だったんだろうか?とても気になります。
    どちらも、すごく笑えた作品でした。
    最後の『ねぇ、マリモ』では、自分も、もうすぐ3歳になるチワワを飼っていますが、やはり、自分の犬の事を色々考えてしまいましたね。犬の寿命は、人間とは違う。その時が来るのを覚悟して、受け止めなければいけないと言う事を。
     

     

    いぬのえいが

    いぬのえいが

    いぬのえいが

    関連記事

     

    エイリアン パンデミック (ISOLATION)

    [ホラー] CM(0) TB(0)

    タキ・コーポレーション
    発売日:2009-12-04

    タイトルにエイリアンとあるが、あの元祖エイリアンとは全く関係なく、パッケージの様なエイリアンも全く出てきません。
    農場経営に行き詰った経営者ダンは、バイオ研究所による実験への協力に約束します。
    獣医のオーラは、実験をした牛が生まれそうだと知らせを受け、農場へやってきます。
    なんとか生まれた子牛は、臓器が巨大化した奇形でした。
    科学者ジョンがおこなっていたのは、繁殖力の強い牛を作り出す実験だった。驚くべきことに、その子牛は妊娠しているではないか…。
    子牛の体内にいたのは、恐ろしい姿の6匹のエイリアン?
    そこで、ジョンは、感染を防ぐため農場を隔離しようとするが、既に手遅れだった。混乱の中、獣医のオーラが死体となって発見され、何者かが腸を食いちぎって腹を突き破って出て行った跡があった。
    謎のウイルスは家畜から人間へと猛スピードで感染し、エイリアンを生み出していきます。
    しかし、この後のエイリアンとの死闘が、ちょっとチープに感じてしまいました。エイリアンの姿がよくわからなかった事もそう感じてしまったと思います。
    なんとかエイリアンをやっつけて、その女性が山道を一人で歩いているところで、病院に収容されます。
    その4ヶ月後に、妊娠した女性の姿が映り、医師がレントゲンを確認して無事女の子が・・・と、思ったのも束の間、その影は明らかにヤツの形をしています。お約束の続きますよの終わり方です。
    前半は、サスペンス色が強いかなり、ゆっくりした展開でしたが、後半にエイリアンがやっと登場する感じですね。




    関連記事

     

    魔女の宅急便

    [アニメーション] CM(0) TB(0)


    宮崎駿
    ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
    発売日:2001-06-08

    とても楽しい素晴らしい映画でした。
    13歳で独り立ちをしなければいけない魔女のキキ。とってもかわいい魔女です。こんな魔女なら近くにいてもいいですね。
    町並みも、とても綺麗で、いっしょに住んでみたく思いました。
    キキの唯一の力、箒で空を飛ぶのを利用して、宅急便を生業として頑張っていく、魔女らしからぬ人間くささ。とても面白いと思います。
    途中、魔法の力が弱くなり、ジジと喋れなくなり、箒にも乗れなくなります。それを克服し、魔法が戻ってくるまでのストーリーはとても素晴らしく、感動の場面です。
    箒には乗れたけど、ジジの言葉は分かるようになったのかな?観てた感じでは分からなかった様だけど、キキが大人になり魔法の力が弱まったのかな。
    あと、ユーミンの歌がとてもいい感じで流れてきます。
    お勧めの映画です。ぜひ、観てください。





    魔女の宅急便

    魔女の宅急便
    関連記事

     

    ファイナル デッドオペレーション 解体病棟 (AUTOPSY)

    [スリラー/サスペンス] CM(2) TB(0)

    ファイナル デッドオペレーション 解体病棟 AUTOPSY
    ファイナル デッドオペレーション 解体病棟 [DVD]
    アダム・ギーラッシュ
    発売日:2008-00-00
     
    B級映画ファン必見!
    5人の男女が事故を起こし車はぐちゃぐちゃに。そこに病院から逃げ出した患者を下敷きにしていた。そこに、お約束の携帯がつながらないなどと、みんなで大騒ぎをしていると、なぜか、突然救急車がやってきます。その時救急車に患者と共に病院へと運ばれ(物凄く雑に乗せていきます)、あの凄惨な事件が始まります。 
    そこで、病院に運ばれた若者達が一人づつ医者や看護士の餌食に。 ここから気色悪い展開に。頭の後ろをくりぬかれたり、裸の男が襲ってきて内蔵ぶちまけたり、エイミーの彼氏が臓器全部体内から出され、それを宙吊りに。これでも彼氏は生きています。
    あと、痛いシーンで、背中に大きな注射を打たれ、そこから骨髄液を抽出します。その液を医者が飲むではありませんか。そして、エイミーの頭に、手回しドリルでゴリゴリと穴を開けます。観ていて痛かったですね。
    そして、ジュードはエイミーを逃がすため、自らが犠牲となり医者と看護士を道連れにするため、ガスに引火させなぜか爆死します。死ぬ事はなかったじゃないかな。
    ちょっと気分が良かったのが、婦長がエイミーを殺そうとし、白衣を汚されて逆上するが、逆に腕を切り落とされる場面ですね。
    そして最後のエンディングシーンで、エイミーがメスで切られた頬を自ら縫合している時、医者がぱっと目覚め、今、正に襲いかからんとするところでTHE END。続きますよの終わり方。でも次回作映画館に観にいく気にはなれませんね。
    まあ、全体的にそこそこ楽しめたと思います。
    あと、勇気のある方は”AUTOPSY”で画像検索してください。いや~怖っ。



     
    関連記事

     

    ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア (HELLRAIZER HELLSEEKER)

    [ホラー] CM(0) TB(0)

    シリーズ第6弾。
    1・2の主人公が再び登場。今回は、その夫トレヴァーが主人公となり活躍します。
    相変わらず、悪夢と現実が分からなくなる作品で、分かりにくい作品でした。ホラーとしても全然怖くなくいまいちでした。
    今回も、魔道士達の登場シーンが少なくて残念でした。ピンヘッド以外をもっと登場させて欲しいですね。
    やはり、1&2をもう一度観たくなりましたが、どこもレンタルしておらず、探し回っています。







    ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア

    関連記事

     

    借りぐらしのアリエッティ

    [アニメーション] CM(0) TB(0)

    「えっ!終わり」
    家族みんなで、”最後はどうなるだろう?”あれや、これや言いながら、すごく楽しく観ていました。すると、これからと言う時に、何やらスタッフロールが流れ出したではありませんか。「えっ~」あの、おわりの文字が出るまで、本当に終わる感じがしませんでした。まだまだ、分からない事がいっぱいあるのに。
    あの、男の子(翔)の心臓病はどうなったんだろうか。手術まであと少しの所で終わってしまい、気になってしょうがありません。アリテッティが励ましに行き、無事手術が成功する所まで描いて欲しかったです。
    あと、アリエッティ達の新居も気になります。新しい住処での暮らしぶりを見せたり、ドールハウスを運んでもらって、そこでみんなで仲良く生活をするのも良かったんではないでしょうか。
    映画を、あと、30分長く作って、その辺りを表現したら、★★★★★で満点でした。
    少し気になる所があって、借り暮らしとなっているが、絶対にアリエッティ達は返してませんね。最後も、新居に前の荷物を運んでいました。返したのは、髪飾りの洗濯ばさみだけではないでしょうか。
    この映画は、不法滞在・住居侵入を見つかった、泥棒小人が家を追い出された話です。




    借りぐらしのアリエッティ
    アリテッティが唯一返した髪飾りの洗濯ばさみ    

    借りぐらしのアリエッティ
    関連記事

     

    もののけ姫

    [アニメーション] CM(0) TB(0)

    宮崎駿
    ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
    発売日:2001-11-21

    もののけ姫、初めて観ました。流石、ジブリ作品、すごく良かったです。
    映像・ストーリー・音楽、どれもすばらしかったと思います。
    でも、びっくりしました。子供向けのジブリ作品なのに、アシタカが弓を引くと、なんと人の頭が首からポロリと。これはいいのだろうか?
    あと、最後のシーンがちょっと分かりにくかったかな。
    もう一度、観てみたい映画ですね。




    オフィシャルサイト→もののけ姫
     

    コダマ達のコミカルな動きがかわいかった。
    もののけ姫 


    もののけ姫 
    関連記事

     

    花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

    [ドラマ] CM(2) TB(0)

    原作を何にも知らずに観ましたが、全くはまれませんでした。すべて、コントを観ているみたいで、面白くなかったですね。最後のクライマックスシーンもドタバタしていて何がなんだか分かりませんでした。日本映画の、あのコミカルな動きには、どうしてもなじめなくて、拒絶反応が起きています。この作品も、観終わるのに3日もかかりました。
    他の方のレビューを見てみると、結構高得点で、好印象。やはり、原作を見ないとダメなのかな?




    関連記事

     

    オーストラリア (AUSTRALIA)

    [ドラマ] CM(0) TB(0)

    バズ・ラーマン
    20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
    発売日:2010-07-02

    英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)と現地のカウボーイドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)がオーストラリアを舞台に展開していくアドベンチャー作品です。
    まず、前半の牛追いのシーンが圧巻でした。1500頭の牛の暴走をナラが食い止める場面はすごく迫力がありました。
    でも、そこで旅が始まったばかりなのに、会計士のキップリング・フリンが牛に殺されます。ちっと、早すぎたと思います。
    後半はびっくりしました。なんと日本軍が空爆をして町を破壊していきました。日本のイメージがかなり悪くなったんじゃないでしょうか。
    あと、ヒュー・ジャックマンの喧嘩のシーンは、爪が出てくるんんじゃないかとひやひやして観てました。




     
    関連記事

     

    ネタバレ注意 with TV ドラマ

    プロフィール

    TOM

    Author:TOM
    映画の時間を大切にして記事として残していきたいと思います。

    カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログランキング

    ブログランキング参加しています。面白かった、又は、共感した記事が一つでもあれば、クリックよろしくお願いします。
    映画の参考にしてね
    個人的な好みで評価しております。映画を観る時の参考にしてください。

    ★★★★★  殿堂入り。超オススメ。 
    ★★★★  良かった。イチオシ。 
    ★★★  面白い。お好みで。 
    ★★  微妙。あと一歩。 
    ★  最悪。ダメでしょう。

    カテゴリ
    最新記事
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    映画
    704位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    レビュー
    324位
    アクセスランキングを見る>>
    映画のあしあと
    全記事表示リンク
    リンク
    最新コメント
    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    あし@
    最新トラックバック
     

    Copyright ©ぱぱのかやくごはん 映画版. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。